キャンペーン

2018/04/04

外国人集客を強化する多言語不動産ホームページ制作をお得に導入できるキャンペーンを開始いたします。

アークライズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 渡邊大輔、以下アークライズ)は、2018年4月12日より、外国人向け不動産仲介を強化する多言語不動産ホームページ制作の『Japan-Propertyクラウド』をお得に導入できるキャンペーンを開始いたします。

Japan real estate listing site

海外投資家による不動産取引、年々増加する外国人労働者や留学生向けの賃貸など、今後急速に拡大するであろう「外国人向け不動産賃貸・売買市場」へ参入する不動産会社様も増加傾向にあります。

今後、少子高齢化の影響が本格化しはじめるターニングポイントにあるいま、外国人向け不動産仲介に新規参入したり、強化しようとしている不動産会社様は先行者メリットを享受できる状況にありますが、その際、ニーズを持った外国人を効率的に集客していくには高いハードルがある状況です。

例えば、多言語化した不動産ホームページを制作するには高額な開発費が必要となります。それ以外にも、日本人向けの日本語のホームページ制作であればSEO対策を行える制作会社は数多く存在しますが、多言語Webサイトを構築する場合は、プラスアルファの知識が必要となることもあり、業者選定は更に難しくなります。また、自社に外国語が堪能なスタッフが在籍している企業であれば問題になりませんが、ホームページを公開した後は、掲載物件情報の翻訳など、日々発生する手間やランニングコストも視野にいれておく必要があります。

そこで、外国人向け不動産ポータルサイト『Japan-Property』を運営する弊社では、このポータルサイトの機能やノウハウを活かし、不動産会社様が「低コスト・短期間」で自社専用の多言語不動産ホームページを開設できるクラウドサービスを更にお得に導入できるキャンペーンを開始いたします。

自社専用サイトでSEO対策を強化することで、飽和状態の日本人向け不動産サイトより効果的に集客を行える可能性が高いため、中長期的な戦略として、空室・空き家対策や売買取引の活性化に繋げていただければ幸いです。

多言語不動産ホームページ制作
やキャンペーン詳細は
こちらよりご覧ください

一覧に戻る

BACK TO TOP